大手建設コンサルタントの技術士資格取得支援

技術士求人データベース

トップページに戻る

更新427

  1. 技術士求人データベースTOP>
  2. 大手建設コンサルタントの技術士資格取得支援
転職して技術士になる!大手建設コンサルタントの技術士資格取得支援

現在、大手建設コンサルタントのなかでは、技術士資格を持たない若手設計経験者を中途採用し、技術士の資格取得を支援する企業が増えています。

「今の会社では技術士資格に必要な経験がつめない」
「仕事が忙しくて勉強時間がとれない」
「誰かに試験対策を教えてほしい」…

道路設計、河川設計、橋梁補修などを行いながら技術士を目指す方のなかには、このように感じている方もいるかもしれません。

実は今、売上トップクラスの建設コンサルタントの多くが、30代前後の設計経験者を採用し、社員の技術士資格の取得に積極的な姿勢を見せています。

背景にあるのは、入札方法の変化です。
技術力を価格に換算する入札方式が増えるなかで、資格を持つ技術者の数も重要になっているのです。

大手コンサルタント各社はもちろん新卒の育成も行っていますが、その一方で、すぐに実務を任せられ、近い将来、技術士の資格取得も見込める若い設計経験者に期待を寄せています。

大手建設コンサルタントのメリット

1.技術士試験の合格率が高まる

大手コンサルタントのなかには、

  • 毎週1回2時間程度、社内で論文対策の勉強会を開催する会社
  • 30~40代の社内技術士から、試験対策講義を受けられる会社

など、独自の支援制度を設けているところがあります。
仕事をしながら、社内で試験対策が受けられるのは大きな魅力です。

技術士の試験にはトレンドがあり、最近では「防災・減災」や「アセットマネジメント」などがキーワードとして挙げられます。
大手建設コンサルタントで働くと、このようなトレンドに直結した国土計画に関する実務経験を積むことができるため、論文試験で強みとなります。

さらに、大手建設コンサルタントに所属する技術士の方のなかには、土木学会・建設コンサルタンツ協会などで新鮮な情報を交換している方がいらっしゃいます。こういったルートから集まる情報を元に、効果的な試験対策を受けることができるので、結果的に試験の合格率も高くなるのです。

2.年収が高い

大手建設コンサルタントの技術士の場合、30代後半で年収750万円、40歳以上で1,000万円を超える方も稀ではありません。
実際、中堅の建設コンサルタントから大手総合コンサルタントに転職した方(37歳・橋梁設計)で200万円近く年収が上がったケースもありました。

今なら、設計の実務経験があれば、技術士資格が無くても大手建設コンサルタントに転職することが可能です。

「もっと詳しい話が聞きたい」
「自分の経験で応募できる企業を教えてほしい」
という方は、無料転職支援にお気軽にご相談下さい。

↓

無料転職支援を利用する